黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    深沢清 (04/18)
  • 地方を動かすためには考え方を「半官半民」にすべきかもしれない。
    光 (04/17)
  • 地方を動かすためには考え方を「半官半民」にすべきかもしれない。
    深沢清 (04/17)
  • 日本会議の研究 菅野完著読了。何故、籠池理事長が一生懸命になるのかを知るための好著
    光 (03/21)
  • 日本会議の研究 菅野完著読了。何故、籠池理事長が一生懸命になるのかを知るための好著
    深沢清 (03/21)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。

以下、著者あとがきより引用。

 

戦後民主主義の中で生きてきた私は、政治とは良くも悪くも

普通の人間が紡ぎ出していくものだと信じている。

新聞社で政治記者をつとめている間も、そのことを忘れたことはない。

そうした気持ちから、私は国内の政治事象のうち、

選挙やその制度のこと、投票結果の分析、

世論調査に表れた数字などに特別の関心を払ってきた。

 

しかし、にもかかわらず政治が「政界」と呼ばれる場所で

専業の人々によって営まれる仕事でもあるという側面も、

けっしてないがしろにするわけにはいかない。

そこでの営為は普通の人々を生かしも殺しもするから、

民衆の側からの監視や批判が欠かせない。

 

政治ジャーナリズムは普通の人々と「職業としての政治」を

扱う人々との緊張の間に身を置いている。

私もその場所から報道と評論を続けてきた。

そのため政治家との接触・高裁は私の日常の主な部分をなしていた。

この本は、そうした私の経験の部分、

いわば政界見聞を取り出して書いたものである。

 

ただ、個々の政治家の評伝集というようなものではなく、

私の見てきた時代の政治はどんな質のものであったかを考え、

背景に気を配りながら書いたつもりである。

 

著者が様々な国会議員についてのコメントを行いながら、

昔の政治家が現代の政治家に比べておしなべて良かったわけではなく、

政治家としてレベルが低い人物がいなかったわけではないし、

現代も過去に比べて優秀な政治家は存在すると正直に伝えている。

 

しかし、この著書が出されたのは1997年のことであり、

すでに20年が経過し、小選挙区制が定着し、

政党に比べると議員一人ひとりの影が小さくなっているのが現実である。

 

この著書に描かれている政治家は、それぞれに品格に特徴があったり、

政策に鋭いものがあったり、組織形成に秀でていたり、

それぞれに特徴を持った人々が描かれている。

 

本書では以下の政治家が取り上げられている。

 

池田勇人、大平正芳、宮沢喜一、佐藤栄作、川島正次郎、

河野一郎、三木武夫、田中角栄、竹下登、佐々木更三、

江田三郎、河上丈太郎、成田知己、石橋政嗣、西尾末広、

佐々木良作、羽生三七、土井たか子、菅直人、武村正義、加藤紘一。

 

すでに子供世代すら政界を引退した人も多数である。

1957年に朝日新聞に入社して政治部に配属された著者がみた時代なので、

それもまた当然であろう。

 

しかしながらこの書を読んでいて、全く飽きがこないのは、

石川氏が政治家との距離感を一定に保っており、

けっして個人的な関係を持ちすぎていない姿勢で、

あくまでも政治の場面を知るための

取材活動の範囲に拘っていることが要因だろう。

 

政治活動とは、人間の泥臭い部分が現れやすい、

ともすればダークな世界である。

 

しかしながら、価値観が異なる人をまとめ、世の中を動かしていくには、

好き嫌いを超えた普遍的なメッセージを発信していくことが、

求められているのが国会議員の一つの必要条件でもある。

 

それはまた、彼らに接する政治記者も然りであろう。

そんなことを考えるにあたり、

2017年現代の国会議員及び政治記者はどうであろうか。

 

政策的に優れた意見表明を連発する政治家は与野党に存在するが、

政局に流されずに、安定した得票を得て、

自らがポリシーとする分野で十二分な国民的評価を得ている

国会議員は、果たしてどの程度存在するのであろうか。

 

私は、国家の中枢である国会議員から非常に遠い位置である、

地方自治体で、一人の議員として活動を行なっているが、

自らが得意とするフィールドをまだ定められておらず、

行政当局が一目置けるような議員になるには、

全く遠い道のりが必要な状態である。

 

だからこそ、時代を超えて、その存在感を示している

石川真澄氏が記している昭和の政治家から学ぶ点が多々ある。

 

政治家としての姿勢はもちろんのことながら、

自らが寄って立つ点をきちんと定め、

それを政治家としての生涯突き通す意思を持ちつつ、

政党という属する組織の目的を決して蔑ろにしていない点である。

 

時代は変わったと、過去を無視することは簡単である。

しかしながら、有権者が投票によって政治家を選び、

選ばれた政治家が政党を作り、そこで国会を運営する仕組みは、

1946年以降本質的には変化していない。

 

良い面も悪い面もひっくるめて、先人の歴史に学び、

現代の政治家が見落としてしまっている民主主義の本旨が

何なのか、時には立ち止まって考えて見なければならない。

 

全くのひよっこの地方政治家である私に、そんな決意を与える、

石川氏の政治に対する愛情が伝わってきた政治人物評であった。

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

評価:
石川 真澄
岩波書店
---
(1997-05-28)
コメント:政治家は骨がない、だから関心がない。そう思っている方にこそ目を通してほしい気骨あふれる昭和の政治家がここには沢山紹介されている。

読書 | 06:14 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2017/04/18 7:37 PM
全くまとまっていません。
練習不足です。。。
from: 深沢清   2017/04/18 6:45 AM
良くまとめて解説してあります。参った!
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.