黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    深沢清 (04/18)
  • 地方を動かすためには考え方を「半官半民」にすべきかもしれない。
    光 (04/17)
  • 地方を動かすためには考え方を「半官半民」にすべきかもしれない。
    深沢清 (04/17)
  • 日本会議の研究 菅野完著読了。何故、籠池理事長が一生懸命になるのかを知るための好著
    光 (03/21)
  • 日本会議の研究 菅野完著読了。何故、籠池理事長が一生懸命になるのかを知るための好著
    深沢清 (03/21)
  • 議員生活ってどう?という問いにお答えします。
    光 (02/09)
  • 議員生活ってどう?という問いにお答えします。
    深沢清 (02/09)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
日本会議の研究 菅野完著読了。何故、籠池理事長が一生懸命になるのかを知るための好著

菅野完氏が日本会議の研究についての論文をまとめていることは、

ハーバー・ビジネス・オンラインでの連載スタート時点から、

存じてはいた。もちろんこの著書が刊行され、話題になったニュースも。

 

なんとなく手に取るタイミングを逸していたが、

森友学園の籠池理事長に菅野氏がインタビューしている姿を見て、

今読まずしていつ読むの?という衝動に刈られ一気に読み進めた。

 

読後の感想としては一言で言えば「爽快な叙述詩」というかたちで、

政権に負の影響を与えているともされる日本会議の実態を追った論文でありながら、

決して出版差し止めを行うべき一方的な批判書であるとは言えない。

しかしながら、何故これほどまでに日本会議など周辺グループが、

政治の中枢に影響を持つまでに至ったのかがコンパクトにまとめられている。

 

また、自らの関係性が希薄なものだったと発言している

安倍首相、稲田防衛相の行動に対して、

森友学園の籠池泰典氏が、

どうしてこれほどまでに憤りを感じているのかも、

この本を読めばその意味が概ね理解できるはずである。

 

日本会議、日本青年協議会、日本政策研究センターの存在と、

安倍政権の繋がりをここまではっきりと解説するメディアは存在しない。

しかし、その点が明確になっていれば、

どうしてこの政権が憲法改正に向けた動きを強めているのかが

明確になってきて、どのような政治スケジュールを持って、

政治に臨むだろうかということが朧げに見えてくる。

 

菅野氏もツイッターで指摘しているけれども、

現政権の政治スキャンダルを闇雲に指摘する前に、

もう少し日本会議周辺について研究する必要が、

野党の国会議員には求められているのではなかろうか。

 

何故ならば、政教分離が日本国憲法に示されているにもかかわらず、

それが全くなされていないように動いているのが現政権なのだから。

 

日本会議、日本青年協議会、日本政策研究センター自体及び、

地方政治、国政への関わり方については、

政権を批判する立場の人々もしっかりと捉えるべきであろう。

 

原発や米軍基地建設反対などワンイシューの取り組みも

もちろん重要ではあるかもしれないが、どういう構造が、

政治の中枢に存在しているのかを理解せずして、

それに対峙しようというのは、武器なく戦車に突っ込むようなものである。

 

右傾化というキーワードが、

長らく行われた学生運動の延長線上に存在しているという、

この著書の指摘は、目の前の現実を直視しているだけでは見えてこない。

ジャーナリストが自らの仮説を元に調査報道を十分に行わない現在、

菅野完氏のようなものを書く人の執念は、大きな発見を導く。

 

政治がごちゃごちゃしているように感じる今だからこそ、

このような政治の中枢を追った秀逸な読み物が読まれる時期ではないだろうか。

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

評価:
菅野 完
扶桑社
¥ 800
(2016-04-30)
コメント:どうして安倍総理と森友学園籠池理事長が昵懇だっただろうと想定できるのか、その理由はこの本を読めば見えてくるはず。

読書 | 11:03 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2017/03/21 8:32 PM
ぼちぼちどうぞ。
from: 深沢清   2017/03/21 9:40 AM
解説よく分かった。早速読んで見るよ。読むのが多すぎるからのォ〜・・・
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.