黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
祖父との夢
私が一番尊敬しているのは、高校卒業時に亡くなった、祖父です。
祖父に会いたくて、いつも母親の実家に連れて行ってもらうことを
楽しみにしていました。

私には幼い頃からおもちゃを買ってくれたり、
みかん山に連れていって仕事の手伝いをさせたり、
収集マニア化していた望遠鏡を使って、
遠くが見渡せる場所に連れて行ってくれたり、
いろいろなことを教わった、私にとっては言わば育ての親でした。

今でもたまに夢に出てきます。
農業一筋に生きた祖父と、大人になって議論がしたかったなあと。

祖父は、決して私利を追求しすぎることがなく、
地域を豊かな環境にするためにはどうすべきかを考え続けた人でした。

水利権、農業道路など、
基本的なインフラについて学ばされたことも沢山あります。


私の記憶で一番、嬉しそうな表情をしていたのは、
田んぼから、発掘された、古銭の解説をするときでした。

鋳造時期が数百年に渡る、万単位の日中の硬貨が甕の中に、
埋めらているのを祖父とその父が発見しました。

専門家の方もあまり出土例がない貴重な埋設のされかだと、
暫く研究に貸し出されたほどでした。

(現在は自治体が運営する郷土資料館に展示されています。)

どこにでもいる、農業にあけくれた、
歴史好きな一人の日本人なのかもしれません。

ただ私には唯一無二の誇れるじっちゃんです。

今朝は夢で北海道で二人で会話してました(笑)
金物屋さんの前で、道具談義を。

JUGEMテーマ:家族 
つぶやき | 07:19 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.